看護師の資格と仕事内容

現在の日本は、高齢化社会が進んでおり、看護師の仕事は多くの需要があるお仕事です。景気に左右されない安定した職種であるため、看護師を目指しておられる方が数多くいらっしゃいますが、看護師の仕事とは、どのようなものでしょうか。

必要な資格

看護師として勤務するためには、国家試験に合格して看護師の資格を取得することが必要です。さらに、人の命に関わる重要な仕事であるため、現場で臨機応変に対応できる柔軟さや、的確な判断力なども求められます。医療現場は、常に新しい治療技術などが取り入れられることが多いため、新しいものを積極的に学ぼうとする姿勢なども、看護師に求められる要素のひとつです。現場では、幅広い年齢の方と接する機会が多いため、様々な方とのコミュニケーションを円滑に行うことができることも必要です。

仕事内容

医師の指示に沿って、患者の方の診療のサポートをすることはもちろんのこと。入院されている患者の方の援助や看護なども、看護師の重要な仕事のひとつです。看護内容は、実に多岐に渡っており、問診・検温・記録、注射・点滴、食事・入浴・排泄などの介助、巡回など、このほかにも数多くの仕事内容を含んでいます。患者の方の症状は、その日によって変化していく場合があるため、患者の方の症状を的確に医師に伝えることも、大切なことのひとつです。このような仕事内容と並行して、患者の方の様々な相談にのることで、療養に関するアドバイスなどを行うことも必要です。勤務時間が不規則ではありますが、現場で的確な判断や行動を取ることができるようにするためにも、健康状態を常にベストな状態に保っておく必要があります。

雇用形態

雇用形態には、常勤職員やパートという雇用形態がありますが、どのような雇用形態であったとしても、患者の方の命を預かる責任が重い仕事です。その分、遣り甲斐がある上に、現場で様々な経験を積むことで、確実にスキルアップをしていける仕事であると言えます。