看護師の年収はどれくらい?

看護師の仕事は、人の命と向き合う責任の重い仕事である上に、夜勤などもあるため、精神的にも肉体的にもハードなものであると言えるでしょう。需要が高く安定した仕事として、知られている職種ですが、年収はどれくらいなのでしょうか。

看護師の年収の相場

調査によると、看護師の平均年収の相場は、460万円程度であるそうです。この中には、賞与も含まれていますから、看護師の月収の相場は、約30万円程度となります。あくまでも平均的な相場である上に、夜勤などの手当ても含まれていることを考えると、仕事内容によっては、こういった年収を少ないと感じる方も、中にはいらっしゃるかもしれません。さらに、看護師の仕事を始めたばかりの頃であれば、月収28万前後で手取りが16~20万であることも多いため、看護師の初期の頃は、仕事内容のハードさが年収に見合わないように感じることもあるかもしれません。

雇用形態や勤務先によって年収に違いがある

看護師は、常勤職員やパートという雇用形態がありますが、常勤職員とパートでは、当然、その年収にも大きな違いがあります。パートの場合、仕事内容は常勤職員と比較すると、仕事内容にやや違いがあるかもしれませんが、年収は看護師よりも少なくなる傾向があります。パートは、時給で給与計算されますが、時給の相場は、時給1300~1500円前後だと言われています。しかし、勤務体制によっては、時給3000~3500円のところもあるようです。

年収によって転職をすることは可能?

看護師の職種に就きたい方の中には、様々な条件から、就職や転職をお考えになる方が少なくありません。看護師として、経験を積み、十分なスキルがある場合には、より良い条件や年収の高さなどで転職をすることも可能ですが、経験を積んでいない看護師である場合、条件に沿った就職や転職が、難しい場合もあるかもしれません。まずは、より自分が理想とする働き方をするために、ある程度、経験を済む必要があるかもしれません。